メダカの卵の育て方

メダカの卵が到着した後の管理手順の注意点をまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

1 届いたタレビン容器からタッパーに移してください。

2 この際タッパーにはメチレンブルー水を下の写真くらいの色にして入れて下さい。
 ない場合は水道水でもいいですが、メチレンブルーがあると殺菌してくれます。

3 卵のタッパーの水は毎日換水して下さい。換水しないと卵が雑菌にさらされてカビる原因になりかねます。

4 孵化に適してる水温は25℃~30℃程です。
メダカの卵が孵化するには250℃が必要とされており、これを計算するには水温×日数となりますこれを用いて計算すると25℃だと10日前後で孵化するとわかりますので、気になる方は計算してみてください。

5 卵の孵化に日光や光が必要ですので、1日12時間程当ててください。この際直射日光は危険ですので気をつけてください。

6 夏場は卵が腐りやすくなりますので、半日ほど日陰になる場所や涼しい場所で卵を管理して下さい。

7 卵から稚魚がバラバラに孵化する場合があるのでスポイトなどで稚魚と卵を分けてください。
この際稚魚に負荷を掛けないように気をつけてください。

8 卵から稚魚が出てきましたら2日目から餌を与えて下さい。この時稚魚用の細かい餌などを与えて下さい。

投稿日:

Copyright© 日本信州メダカ , 2019 All Rights Reserved.